Homeキャンプ用品の選び方 ストーブ

ストーブ(コンロ) 選ぶ際の注意点

■燃料について
LPガス

・寒冷地用ガスを利用することで、寒冷地でも安定した火力が得られる
・火力調節がしやすい

・カセットガスに比べて燃料が手に入りにくい
※ホームセンターや釣具店などで入手可
・カセットガスに比べて燃料が高い

カセットガス

・燃料がどこでも手に入る
・LPガスに比べて燃料が安い
・火力調節がしやすい

・寒冷地での使用は火力が安定しにくい

ガソリン

・火力が強い
・最悪ガソリンが使える(機種による)

・嵩張るタイプのものが多い
・ポンピング作業が必要
・メンテナンスが必要

マルチタイプ

・灯油、ホワイトガソリン、ガソリンが使えるので燃料が手に入れやすい
・火力が強い

・嵩張るタイプのものが多い
・価格が高い
・メンテナンスが必要

オイル

・軽くてコンパクトに収納できる

・火力が弱い

■形状について

コッヘルとのバランスを考えて、五徳の大きさ、安定性などを考慮しましょう。別体式(ガスと装置がホースで繋がっているタイプ)の方が、安定するので、大きな鍋などを使う機会が多い場合はお勧めです。またコンロ部分(ガスの出る部分)の大きさや、風防の有無などによって、熱量が違ってきますので、注意しましょう。
※機種によっては後づけの専用の風防などもあります。防風スクリーン iconなどの利用も考えましょう。

■燃料について

できれば、ランタンと同じ燃料タイプで選ぶ方が、別々に燃料を持たなくていいのでベストです。やはりガソリン式より、ガス式の方がお手軽なせいか、普及率が高いようです。私の場合は、LPガス用をカセットガス用に変換できるアダプターを使用していますので、ストーブはLPガスですが、ランタンはカセットガスを使っています。 (555といいますが現在は販売されておりません。)
yahooオークションで入手可能です。「ガスアダプター」と検索すればヒットします。

★つめかえ君
家庭用ガスカ−トリッジの液化ガスを、アウトドアで多く利用されているガスボンベに、簡単につめかえる器具です。
若干ガスが残るようですが、(100%はつめかえられない)。これをもっていれば、LPガスコンロでもカセットガスが使えるようになるので便利です。
こちらから入手できます ⇒ 販売元:株式会社 アルバ


スポンサードリンク

ページトップへ

お気に入りの雑誌&書籍

【アウトライダー】
980円 が定期購読なら一冊当り送料込みで700円に!


【月間 温泉博士】
最近はこれで温泉は無料入浴♪
なかなか入手困難な雑誌です


information

※当サイトに掲載されている全ての画像及び文章の無断使用・転載を禁じます。
※当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

c 2005-13 北海道ツーリングのHP|二輪でキャンプにでかけよう All Rights Reserved.
皮下脂肪
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー