Homeキャンプ用品の選び方 マット

マット

これは必要!でも最悪我慢すればなくても可!

マットの素材について

エアーマット

・コンパクトに収納できる
・ロールマットに比べて寝心地が快適

・高い
・収納は空気を抜く手間がかかる
・穴が空くと使用不能

ロールマット

・安い
・収納は巻くだけなので簡単

・嵩張る
・エアマットに比べると寝心地が悪い


■エアーマット

100%空気を入れるタイプのものと、ウレタン素材で、バルブを開くだけで空気が自動的に注入されるタイプがありますが、断然後者がお勧めです。空気注入式のみのものは、身体が安定せず、かなり寝心地が悪いです。また空気を入れるのも抜くのも大変。

■ロールマット

マットの厚みによって、かなり寝心地が違います。もちろん厚くなるほど快適です。

■マットのサイズ

もちろんどちらもサイズが大きくなるほど、価格も高くなり、寝心地もよくなります。私は迷ったあげくにエアーマットの120cmサイズを使っています。短いようですが、実質頭部分は枕を使えば、脚の部分が少しはみ出る程度なので、気になりません。

■どの素材を選ぶか

そのほか、ワッフルタイプのものや、折りたたみ式のものなどもありますが、収納性からいってキャンプツーリングということになると、「エアーマット」か「ロールマット」のどちらかでしょう。快適性で言えば、エアーマットですが、ロールマットでも充分使えます。逆に人によっては、両方重ねてというのもあるようです。

マットのメンテナンス

■エアーマット

移動時はかまいませんが、長期間使用しない場合は、収納袋に入れた状態で、バルブだけは緩めておきましょう。もちろん湿気は厳禁です。穴があいた場合はシール式のテント補修布 などで補修します。

■ロールマット

特にメンテナンスは必要ありません。

スポンサードリンク

ページトップへ

お気に入りの雑誌&書籍

【アウトライダー】
980円 が定期購読なら一冊当り送料込みで700円に!


【月間 温泉博士】
最近はこれで温泉は無料入浴♪
なかなか入手困難な雑誌です


information

※当サイトに掲載されている全ての画像及び文章の無断使用・転載を禁じます。
※当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

c 2005-13 北海道ツーリングのHP|二輪でキャンプにでかけよう All Rights Reserved.
皮下脂肪
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー